湯けむりにふすぼりもせぬ月の貌

この句は江戸時代後期に活躍した俳人・小林一茶が
望雲七代目を訪ね 再会を喜び 呼んだ一句です
当館七代目は 雲嶺庵露白と号して地方文化を支えた俳人でした
一茶とは親交が深くこの句では湯けむりの向こうに見える
旧友・露白の顔と月をかけて詠んでおり
再会と温泉をしみじみと楽しんでいる様子が伝わってきます

弥次喜多珍道中でおなじみの十返舎一九
高村光太郎・智恵子夫妻
大正昭和と活躍した俳人・斎藤茂吉も逗留しております

 


泉質主義“草津温泉”の掛け流しのお風呂と

しゃくなげ庭園が自慢の旅館です

2つの源泉を引いた6つのお風呂

草津温泉をご満喫いただけます

温泉街中心の湯畑から徒歩3分

数々のの文人に愛された温泉三昧の

ゆったりとした時間をお過ごしくださいませ


です。。。です。。。です。。。